FC2ブログ

The DEBATE
討論型のブログです。トラックバックなどを使用して様々な議論をしませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. Comment(-)

20条改憲論:政教分離は可能なのか?

匿名希望の○○様からコメントを頂きました。
(ご意見、アドバイス、どうもありがとうございました。)
私の判断で公開しても良いということなので、差し支えのないと思う範囲を一部公開して討論したいと思います。
(今回、非公開にした部分は、私も同じように感じていたり、同意できる意見でした。)

当ブログでは、最近、9条の改憲論についてのみにフォーカスを絞ってきましたが、改憲論全体の中で見ると議論するべきことは他にも多々あると思います。


以下の黒字の文章が○○様からの投稿文です。
(私の考えは、次回、コメント欄で述べたいと思うのでしばらくお待ち下さい。○○様、新しいペンネームを使うなどして一緒に議論しましょう。)
なお、本記事のタイトル「20条改憲論:政教分離は可能なのか?」は私が勝手につけたタイトルです。




 人が一緒になるというのは何か共通の目標がないと長続きしないでしょう。
国体の維持は共通の目標が無いと上手くいかないと思います。
日本の目標って何でしょう。
そのつもりで見るとうーん、漠然として未だ良く分からないのだけど一寸問題有りかなとも思います。

 近頃靖国参拝違憲判決が出ましたが確かに違憲と言えば違憲だろうと思われます。
でも待てよ、何かおかしい、信教の自由を記した20条は9条より改正する必要が有る様に思い、この文を書いてます。

 20条の3項は公機関の宗教介入を厳しく咎めた条文ですけど、では宗教って何なのでしょうか?
その定義はどうなってるのでしょうか?
宗教には盲信して危うい事も多く無闇に近付く事は避けるべきかと思われる。
でもその教条戒律は納得出来る正しいと思われるものも多く、十把一絡げに退けるものとは違うのではないでしょうか。
一般倫理道徳と重なり合う部分も多い。
なのに何故無条件に宗教から離れなければならないのでしょうか、矛盾ではないでしょうか。
宗教と倫理道徳と同じ言を発しても宗教家が発した事が正しくて道徳者が発した言葉は過ちなのでしょうか。
或いはその反対。
宗教と政治は例えてみれば父と母かもしれない。
父がする事に母が口出してはいけないとか母の仕事を父がしてはいけないとか明確な区別があるのでしょうか。
そんな両親の下で育った子はどうなるのだろう。
明確な乖離を求める条文は別居両親の様なもの、その子は幸せか、健やかになれるでしょうか?

 今の日本国内に秩序が乱れてると思われるとしたら、もしかしたらこの条文の所為かもしれないと思われる。
徒に一方の意見に重きを置きレッテルを貼りその行為を安易に決め付けてるととしたら将来危うい目に遭う様な気がします。
偏見の熟成を促してる条文かもしれません。

 人は宗教に盲信する事はいけないと知っている。
盲信の反対は何だろう、盲離とでも言うのでしょうか?
盲信してはいけないからとでは盲離したら良いのか、盲離してもやっぱりだめだと思われる。
真実が見えて無い事にかわりはないのだから、正しく分別、判断をしてるとは言えない。
 盲離は盲信に如かず。

 宗教家と称す方が憲法違反だと訴え出損害賠償を請求する。
待ってよ何で損害賠償なの?
貴方宗教家なの?
政治家に対して政治屋という言い方がありますが、宗教家に対する宗教屋という言葉も有りそうです。
宗教家なら宗旨を明らかにし宗旨でもって損害を算定し不当さを顕現して頂きたく思う。
宗旨も述べず徒に法の狭間で益を得んと謀る事を正義と讃えてしまうのは、20条の狙いとする処では無い筈だ。
宗教家の導とするところでも無い筈だ。
ただ、宗教家ではない私にはわからない。
疑惑の眼差しを宗教屋に向けるだけ。
その言動疑惑有り、盲従強いる意図を憂える。




皆様はどのような考えでしょうか?
参考として20条を最後に紹介しておきます。



...read more
スポンサーサイト


  1. 2005/10/04(火) 07:58:57|
  2. 政治|
  3. Trackback:1|
  4. Comment:49
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。