The DEBATE
討論型のブログです。トラックバックなどを使用して様々な議論をしませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. Comment(-)

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございます。
返信がなかなかできず、申し訳ありませんでした。


トリル様
コメント、拝読致しました。
私はミサイル防衛に対してはもっと慎重に国内議論を積み重ねて行くべきだったと考えています。
いくつかトリル様と見解が異なるのでそこを簡単に提示したいと思います。

1. 費用対効果の問題において有効という説明を聞いたことがない。
2. ミサイル防衛の開発によって得られる日本の技術はアメリカに吸収されるが、アメリカの技術は日本には渡されないと考えられる。
3. 指揮系統を米軍に統合するということは、日本は半永久的に自主防衛できなくなりそうな気がする。


その他にも中国やロシアと軍拡競争することになるデメリット及び人口減少社会やエネルギー資源問題など不透明な日本の未来像などの背景を考えて国家としての利益よりも私たちと未来の世代たちの一人一人の利益という観点から私はミサイル防衛に対して満足できる安全保障政策ではないと考えます。
近い将来、より大きな増税があると言われており、今の日本にミサイル防衛に巨額の税金を投入する余裕はないと私は考えている次第です。


>問題なのは福山氏が自国の政府と与党を信用できないと考えてる点だ。

う~ん、私には政府や与党を信用できる部分もあればできない部分もあり、それが普通だと考えています。
「日本政府の政策を全て支持しろ!」という考えでは、民主主義国家とは言えないと私は考えており、私のどこに問題があるのか、理論的にもっと説明して欲しいと思いました。




Dear Bruno,
A Happy New Year!
Thank you for your reply.
I agree with you on that Japan will not back to militarism.
I am worried about an arms race in the East Asia regions.
The Japanese constitutional amendment may trigger an expansion in armaments of Japan.
And that will cause an arms race among China, Russia, North Korea and South Korea and so on.
So, I am interested in foreigner's opinions.




玉川様へ
ご意見、拝読しました。
至極当然のことなのですが、私は世界各国の核軍縮を進めて欲しいと考えています。
しかし核兵器がゼロになることは不可能だと悲観的に考えてもいます。
玉川様が核武装論に対して色々考察されていますが、現実の世界を見れば、例えばインドが核武装して大国の仲間入りをしましたように核兵器は国家指導部からみれば魅力的なもののように見えるようです。
現実的な核軍縮を模索し努力している方々を私は支持したいと思っています。




鮎川様
ご無沙汰しております。
とても忙しい毎日を過ごしています。
どこまで続けられるかわかりませんが本年もよろしくお願い申し上げます。


スポンサーサイト


  1. 2006/01/03(火) 04:37:54|
  2. 軍事|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:11
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。