The DEBATE
討論型のブログです。トラックバックなどを使用して様々な議論をしませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. Comment(-)

You are welcome, Bruno!

We are discussing about the Japanese Constitution of the Article 9 in this blog.
So, it is not off-topic!
I would like to know your opinion whether Japan should amend the Article 9 or not.

These are the references.

Birth of the Constitution of Japan
Documents and Commentaries

Japan’s Constitution and Defense Policy: Entering a New Era?


If you need further information, please ask me.

Sincerely,

Fukuyama
スポンサーサイト




  1. 2005/12/15(木) 03:14:23|
  2. 政治|
  3. Trackback:1|
  4. Comment:2

  

Comment

兵器の性能が日々良くなっています。
また破壊力や精度という兵器性能で常に相手を凌駕している事が安全保障上の要件となっていると言って良い独立国も多いです。
Performance of a weapon improves every day.
In addition, there are many independent countries where it may be said that it always becomes a matter in security with weapon performance of destructive power and precision to surpass a partner.

ミサイル防衛技術は全体としては荒唐無稽で税の無駄使いであるという見方は間違いではないが、それは視野が狭いと思う。
Missile defense technology is absurd in total and a viewpoint to be waste of tax is not a mistake, but thinks of it if of narrow outlook on life.

極論ではあるが、全世界が国家主権を単位として各々軍事力を備え軍事力を行使する権利を持っている状況下では、日本憲法第9条は米国による日本占領と日本防衛をバーター取引しているような事だと見ることもできる。
It is going too far in saying, but, under the situation having a right the whole world possesses the each armaments for a unit with national sovereignty, and to use the armaments, Japan constitution Article 9 can watch Japan occupation by U.S.A. and Japan defense when it is for barter to have dealings.

私はもうこういう状態は徐々に卒業すべきだと考える。
我々は軍の文民統制を整備し、過去において軍部と政府による二重権力の反省を総括し、国防軍による健全な自主防衛を可能とする憲法改正によって、日米同盟は双務的な形に変質すべきだと考える。
I think that such a state should already graduate slowly.
We get civilian control of the armed forces ready and generalize reflection of double power by the military authorities and the government in the past and think that Japan and the United States alliance should change in quality in bilateralism form by a constitutional amendment to enable healthy self-defense by the national defense force.

米国による日本支配が、米国による日本防衛が後退するにも拘わらず、より一層進むかも知れないという考えもあるだろう。
Though Japanese defense by U.S.A. retrogresses, there will be Japanese rule by U.S.A. in a thought to have possibilities to advance still more.

しかしそれはこの事に反対するための理由にならない。
However, a reason to object to this thing does not have it.

問題なのは福山氏が自国の政府と与党を信用できないと考えてる点だ。
It is a point thinking that Mr. Fukuyama cannot trust the government and the ruling party of an own country that is a problem.

確かにそれらが米国による日本支配の道具になっていたのだからそういう気分は理解できる。
Because they surely became a tool of Japanese rule by U.S.A., I can understand that kind of feeling.
  1. 2005/12/16(金) 02:53:28 |
  2. URL |
  3. trill
  4. [ Edit]

あけましておめでとうございます

本年も宜しくお願い致します

福山さまもご家族さまもお元気で。
無理せずのんびり行きましょう。
  1. 2006/01/01(日) 09:37:51 |
  2. URL |
  3. 鮎川龍人
  4. [ Edit]

Post a comment


Inform to Fukuyama only

Trackback

This URL is for trackback.
http://peace9.blog23.fc2.com/tb.php/16-fea16b82

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございます。返信がなかなかできず、申し訳ありませんでした。トリル様コメント、拝読致しました。私はミサイル防衛に対してはもっと慎重に国内議
  1. 2006/01/03(火) 04:47:23 |
  2. The DEBATE
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。