The DEBATE
討論型のブログです。トラックバックなどを使用して様々な議論をしませんか?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. Comment(-)

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございます。
返信がなかなかできず、申し訳ありませんでした。


トリル様
コメント、拝読致しました。
私はミサイル防衛に対してはもっと慎重に国内議論を積み重ねて行くべきだったと考えています。
いくつかトリル様と見解が異なるのでそこを簡単に提示したいと思います。

1. 費用対効果の問題において有効という説明を聞いたことがない。
2. ミサイル防衛の開発によって得られる日本の技術はアメリカに吸収されるが、アメリカの技術は日本には渡されないと考えられる。
3. 指揮系統を米軍に統合するということは、日本は半永久的に自主防衛できなくなりそうな気がする。


その他にも中国やロシアと軍拡競争することになるデメリット及び人口減少社会やエネルギー資源問題など不透明な日本の未来像などの背景を考えて国家としての利益よりも私たちと未来の世代たちの一人一人の利益という観点から私はミサイル防衛に対して満足できる安全保障政策ではないと考えます。
近い将来、より大きな増税があると言われており、今の日本にミサイル防衛に巨額の税金を投入する余裕はないと私は考えている次第です。


>問題なのは福山氏が自国の政府と与党を信用できないと考えてる点だ。

う~ん、私には政府や与党を信用できる部分もあればできない部分もあり、それが普通だと考えています。
「日本政府の政策を全て支持しろ!」という考えでは、民主主義国家とは言えないと私は考えており、私のどこに問題があるのか、理論的にもっと説明して欲しいと思いました。




Dear Bruno,
A Happy New Year!
Thank you for your reply.
I agree with you on that Japan will not back to militarism.
I am worried about an arms race in the East Asia regions.
The Japanese constitutional amendment may trigger an expansion in armaments of Japan.
And that will cause an arms race among China, Russia, North Korea and South Korea and so on.
So, I am interested in foreigner's opinions.




玉川様へ
ご意見、拝読しました。
至極当然のことなのですが、私は世界各国の核軍縮を進めて欲しいと考えています。
しかし核兵器がゼロになることは不可能だと悲観的に考えてもいます。
玉川様が核武装論に対して色々考察されていますが、現実の世界を見れば、例えばインドが核武装して大国の仲間入りをしましたように核兵器は国家指導部からみれば魅力的なもののように見えるようです。
現実的な核軍縮を模索し努力している方々を私は支持したいと思っています。




鮎川様
ご無沙汰しております。
とても忙しい毎日を過ごしています。
どこまで続けられるかわかりませんが本年もよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト




  1. 2006/01/03(火) 04:37:54|
  2. 軍事|
  3. Trackback:0|
  4. Comment:11

  

Comment

Happy new year!!

以下の貴方の言われている懸念は私にも同意できる事です。
1. 費用対効果の問題において有効という説明を聞いたことがない。
2. ミサイル防衛の開発によって得られる日本の技術はアメリカに吸収されるが、アメリカの技術は日本には渡されないと考えられる。
3. 指揮系統を米軍に統合するということは、日本は半永久的に自主防衛できなくなりそうな気がする。

It is for your following said concern to be able to agree with me.
1.  I have not heard explanation in a problem of an effect vs. expense effectively.
2.  Japanese technology to be provided is absorbed in U.S.A. by development of missile defense, but, as for the American technology, it is thought unless it is handed in Japan.
3.  Integrate a conduct system with the United States Armed Forces ||, that is, feel like come in self-defense semipermanently, and Japan seeming to disappear.

どうやら日本の軍事専門家や右翼においても評価が分かれてます。
Evaluation is divided somehow or other in a Japanese military expert and right-winger.

まず私が単に状況に迎合しているという部分もあるということを認めた上で、ミサイル防衛における日米技術協力をもう少し俯瞰的にしてみたいと思います。
At first after having admitted that there was a part that I followed merely situation, I want to try to do Japan-U.S. technical cooperation in missile defense for overlook a little more.

第二次世界大戦後の日本の軍備が米国の技術とドクトリンに遵守して米軍を補足するように進められたと認識しています。
また、今後その様な状況が変わるにしてもそれが非常にゆっくりしたモノになるように日米当局が協調しているとしてください。
I recognize that it was pushed forward Japanese armaments after World War II observe it in American technology and doctrine, and to supplement the United States Armed Forces.

In addition, please assume that the Japan and the United States authorities cooperate with O so that it is it to a very slow thing even if such situation changes in future.

もし日本が将来に軍備を概ね独自開発するにしても、 当面において日本は米国の軍事技術をトレースすることが合理的であると思います。
Japan thinks that it is rational to trace American military technology in facing it even if I do it if Japan almost develops armaments originally in the future.

日本が技術の中心部が封印された状態で供給される事に不満であっても、私は一から日本が自力開発するのは安全保障上愚かな事だと思います。
Even if Japan is dissatisfied with a technical center being supplied in a sealed state, I consider that Japan develops it by oneself from the beginning to be a stupid thing in security.

有力な交渉材料によっては有利に取引もできるでしょう。
私もそれを期待したいです。
Japan may do business by convincing negotiations materials profitably.
I want to expect it, too.
  1. 2006/01/03(火) 22:11:25 |
  2. URL |
  3. trill
  4. [ Edit]

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
カテゴリ違いで恐縮ですが、こちらから
ご挨拶させていただきます。
福山様もお忙しい毎日であると思います。
ため吉も荒波の中におりますが、出来る限り頑張ります。
また、遊びに来ますので、よろしくお願いいたします。
  1. 2006/01/07(土) 16:58:30 |
  2. URL |
  3. ため吉★
  4. [ Edit]

トリル様、ため吉様へ

返信が滞り申し訳ありませんでした。
トリル様のお考えは理解しました。

私にもっと時間があればミサイル防衛のリンク集などを作ってみたいと思いますが、研究論文や国際学会の発表予定があり、不可能な状況です。

そのような状況なのでこのブログを当面の間、放置することになりますが、お許しください。
  1. 2006/01/21(土) 03:10:39 |
  2. URL |
  3. 福山達也
  4. [ Edit]

ゆっくりやってチョ

ちゃんと巡回してますよ。
ご紹介いただいた広島大平和研究所のPdf、実は未だ途中までしか目を通してません。
いや、実に良くできてるなと、こりゃ平和研究所という名で色眼鏡を通してしまうのは勿体ない力作のようです。

お仕事と家族サービスそしてご自愛を何より優先してください。
健康あってのモノダネです。

ところで専門は何なんでしょうか?
ダイオキシンでちょっと専門的そうな反応してらしたから全く生化学から遠いという訳でもなく、生物学の分野でしょうか?
考え方で文系的レトリックは使われないし理系的に公理からの論理構築という訳でもないように受け取れるし、教育学であれば現役小学校教師であろうと考えるんですがそういうニュアンスは全く出てこない。
というか発言から専門分野が意図されて推測できないようにしてる?(笑)

あ、別に良いんですけど。
私はフリーターみたいな者で自身について語るようなモノがないですから。
  1. 2006/01/22(日) 02:01:29 |
  2. URL |
  3. トリル
  4. [ Edit]

明けオメ2007

よ!明けオメ~。
嫁さん、おチビさんにもヨロシコ~。
  1. 2007/01/03(水) 19:08:50 |
  2. URL |
  3. トリル
  4. [ Edit]

はじめまして

はじめまして、よく見に来てます。これからも遊びにきます!
  1. 2008/10/23(木) 15:03:46 |
  2. URL |
  3. ハナ
  4. [ Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/04/20(金) 10:57:55 |
  2. |
  3. [ Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/10/25(木) 13:05:23 |
  2. |
  3. [ Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2012/11/23(金) 20:29:40 |
  2. |
  3. [ Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/07/30(水) 04:13:21 |
  2. |
  3. [ Edit]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/08/31(日) 23:53:39 |
  2. |
  3. [ Edit]

Post a comment


Inform to Fukuyama only

Trackback

This URL is for trackback.
http://peace9.blog23.fc2.com/tb.php/17-5750bd08
 

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。